宝石『ガーネット』擬人化女の子の絵のラフが進みました!

2022年1月21日金曜日

おえかき日記

こんにちは、桜花玲那です。


前回は「こんな女の子を描きたい!」という話でしたが、だいぶ進んで、おおまかなラフまで行きました!

レイピアの下描きは行方不明になりました(;・∀・)

素体は、女性的な肉体のやわらかさを意識してみました。画像検索などで調べながら、くびれって結構丸いんだなとか思いました。

この辺がくびれなのです。

たぶんいつもだったら、向かって左を内側にカーブさせてました。

しかし今回は、調べた画像をいくつか参考にしつつ、少し外側にカーブをかけてみました。

これによって、いつもどこか感じてた謎の体の硬さがちょっとマシになったかなと思います。嬉しい。


また、詳細なラフに入る前に、完成のイメージをちょっと持ちたくて、軽く色を載せてみました。

ガーネットの宝石言葉に『友愛』と『情熱』があったので、ちょっと踊っているようなポーズにしてみました。


また、ちょっとデザインがシンプルになりすぎたなと思ったので、一番上のフリル付け根に金色を差してみました。

全体的な色味はこれで行こうと思います。


あとは詳細なデザインと、レイピアの角度をもう少し後ろに回したいと思います。手の角度に合うように……。


ここから、ラフの詳細を詰めて、線画に入りたいと思います。たぶん線画はやります。気分ですっ飛ばす可能性はありますが。

それから、服の柄も、有無を含めて決めていこうと思います。

そして、背景……どうしようかな……


あと、『(友)愛』と『情熱』といえば、薔薇の花ですね。

今描き中のこの絵ともすごく合いそうです。

い、入れたい……! 薔薇ってたしか春と秋だったと思いますし、冬は確実に休眠期ですが、それでも入れたい……!



以上です、お読みいただきありがとうございました!

では、またお会いしましょう(・ω・)ノシ


続き

このブログを検索

ブログ アーカイブ

人気の投稿

QooQ