万年筆のインクカートリッジは挿す前に形を確認したほうがいい(自戒)

2022年3月30日水曜日

日記

こんにちは、桜花玲那です。

今さらですが、桜花(おうか)が姓で、玲那(れな)が名ということになっています。



万年筆って、カートリッジの規格に、たしか、欧州統一規格と、日本各社の独自規格があったかと存じます。他に合ったらすみません。

ただ、統一規格が多いような印象を持っています。

なので、そのノリでカートリッジを挿そうとすると、間違った万年筆に挿してしまうこともあり得ます。

そうすると、インクがまだ満タンに入ったカートリッジ君が、犠牲になる可能性もありまして……。

ですので、万年筆のインクカートリッジは、万年筆に挿す前に形を確認したほうがいいな、と思いました。



と、いうのもですね。

この間ですね、使っていたカートリッジ式万年筆のインクが切れたんですよ。

なので、新しいカートリッジを挿そうと、手に取ったカートリッジインクを万年筆に挿しました。


……あれ? 入らない……?


少し斜めになって挿し込まれたカートリッジに、いやこれは不正解だな……と思いました。

仕方がないのでカートリッジを抜いて、その挿し込み口を確認してみましたところ……なぜか、歪んでいました。え、なんで?


たまたま不良品だったのかな。そう思って、同じものをもう1つ取り出して、それを挿してみました……


……そして同じことが起こるというね……

謎自体に困惑しつつも、一度冷静に考えてみました。

そして、よくよく観察してみると……原因は、単純な事でした。


SAILORの万年筆に、ダイソーのインクカートリッジを挿そうとしていたのですよね。


少なくとも、この2社はカートリッジの規格が異なります。あとプラチナも違ったような気がします(うろ覚え)。

幸いにも、万年筆のほうには被害はあまりございませんでした。が、ダイソーのカートリッジ君は2本犠牲になってしまいました……


複数のブランドのカートリッジ式万年筆を持っていると、たまにインクを取り違えたりします。

なので、次は起きないように……次もやらかす可能性もあるので……しっかりと確認を怠らないようにしたいな、と思います。



おえかきは進んでいません、申し訳ない。

せめて明日には方針を決めたいなと思っていますm(_ _;)m



以上です、お読みいただきありがとうございました!

それでは、またお会いしましょう(・ω・)ノシ


Pixiv、Twitterやってます!

よろしければそちらもお願いしますm(_ _)m

    Pixiv→https://www.pixiv.net/users/34388997

    Twitter→https://twitter.com/lenaohka_

このブログを検索

ブログ アーカイブ

人気の投稿

QooQ